交通事故の慰謝料について

普段、普通に暮らしていても、予期せずして交通事故に遭ってしまうということがあります。

それも自分は信号を無視したわけでも、飛び出しをしたわけでもないのに、不慮の事故に見舞われることはあります。


もし交通事故に遭ったときは、速やかに警察を呼ぶことが大切です。また怪我のあるときは、病院にいって治療をはじめることが大切です。

そして、打ち身などないと思っても、あとから痛みがでることがあるので、レントゲンを撮ることが必要です。



痛みが出た場合は、治るまでしっかりと治療をすることが必要です。



よく、整形外科は混んでいるのでいくのが面倒だから、近くの接骨院にするとか、鍼治療で済ませるという人がいますが、これは危険です。


もちろん、それですぐに治ってしまえば問題ないのですが、治療が長期にわたったとしても、接骨院や鍼治療では、相手保険会社から賠償金や慰謝料がでない可能性があるからです。
基本的に医療費として認められているのは、医師のいる病院ということになっているからです。

NAVERまとめ情報サイトを利用しましょう。

また長期にわたって治療をしても後遺症が残ってしまうというときがあります。

そのときは医師のもとに、後遺症の症状固定をしてもらうことが必要です。

これに基づいて賠償金や慰謝料の金額が決まっていくことになります。

ただ、日本の場合、交通事故の賠償金や慰謝料が被害者が満足するような金額がでないということも多いです。そのときは、弁護士に相談するのも1つの方法といえるのです。